月別アーカイブ: 2015年5月

第4回Iot / M2M展 in 東京ビッグサイト

2015年5月20日

こだピー

先日、第4回Iot / M2M展に出展してきました。

東京は5月にもかかわらず30℃近くあり、北海道民の私には真夏のように感じられました。

さて、今回GISupplyではリアルタイムトラッキングシステムを展示してきました。

m2m_01

展示した端末は携帯型の『TR-313J』と設置型の『TR-606DJ』です。

TR-313Jは、人や物、車などに取り付けることができアイディア次第でいろいろな使い方ができます。例えば、営業管理や防犯対策、運行管理などなど。

音声SIMカードを入れていただくことで通話をすることができますので、小さいお子さんやご高齢の方に持っていただくと家族の方は安心かもしれません。人以外ではトラックや除雪車に導入していただいております。

m2m_02

 

もう一つのTR-606DJは設置型の端末で、車などから電源を取ることができるので充電を気にする必要がございません。短いレポート間隔で位置を知りたい方にお勧めです!

 

m2m_03

 

 

他にもこのTR-606DJは各種センサーとの接続が可能です。燃料残量や積載量、ドア開閉の有無など様々な情報を付加して位置情報を飛ばすことができるので、より細かく運行管理をすることができます。

m2m_04

 

他にも導入していただいた事例のポスターなども展示し、いろいろなお客様にご興味を持っていただきました。

 

トラッカーについてもっと詳しく知りたい方やもっと導入例を知りたい方は

170-tr-313J www.trackers.jp

こちらのURLをご覧になってください。

 

次回は5月27日から5月29日まで開催の「運輸システムEXPO」に出展しますので、ご興味のある方はぜひお立ち寄りください。

 

 

おまけ

最終日にビックサイトでプロジェクションマッピングがやっていました。

m2m_05

作業船での3G/GPSトラッカー活用

2015年5月20日
by trackersJP

たとえば管理する10隻の作業船を効率的に管理しようと考えると、数百万~一千万の投資が必要になるかもしれません。
3G/GPSトラッカー+クラウド型WEBフリーアプリであれば、大幅に投資を抑えて10隻の作業船を管理することが可能です。
海面に浮遊するごみや油を回収する海洋環境整備戦では、ごみの浮遊状況が日々刻刻と変化します。船同士で連絡を取り合いながらこの変化する状況に対応するのは簡単なことではありません。リアルタイムトラッカーがあればごみの浮遊状況に応じて、管理センターが全船の位置情報を把握し、変化するごみ浮遊状況に応じて音声機能も利用し的確な管理が可能です。
海洋環境整備船に限らず港湾工事船や巡視業務を行う船舶でも3G/GPSトラッカーがあれば効率的な運用が可能です。

位置情報を把握

【クリックで拡大】

*3G/GPSトラッカーの利用には、作業圏内がドコモの3G通信網圏内である必要があります。

 


 

logo_trackers
3G/GPSトラッカーサイトはこちら

3G/GPSトラッカーで放送/中継スタッフの位置確認

2015年5月14日
by trackersJP

 

中継スタッフに3G/GPSトラッカーを携帯させることにより、中継車両の位置を確認することができます。
車両の位置が確認できるため、マラソン大会などのスポーツイベント時に中継車の位置から競技の進行状況を確認したり、災害時に自社の中継車両もしくはスタッフがどこにいるのか?といった現状の確認にも利用できます。
トラッカー本体はバッテリー内蔵でコンパクトなため、携帯にストレスがありません。
本体価格の他には通信の月額使用料のみで運用できるため、低コストで運用できます。

 

中継車位置管理

中継車位置管理

 

3G/GPSトラッカーはあらかじめ設定した間隔で、サーバーに位置情報を送信します。
管理担当者はPC、スマートフォン、タブレットで同時に10台までのトラッカーの位置を地図上で確認することができます。

管理担当者のスマートフォンからSMSを送信することで任意のタイミングでトラッカーの位置情報をリアルタイムに受信することもできます。また、トラッカー携帯者が位置情報送信ボタンを押すと、管理担当者側のPC内でトラッカーの位置を表示します。

注)3G/GPSトラッカーの利用には、ドコモの3G通信網圏内である必要があります。

中継車位置管理


 

 

 

logo_trackers
3G/GPSトラッカーサイトはこちら

3G/GPSトラッカー活用 - 登山編 –

2015年5月7日
by trackersJP

 

TR-313J は、(※1)3G通信が可能な一部の山岳地域でご使用頂くことが可能な3G/GPSトラッカーです。
3G圏内では、パソコン、スマートフォン、タブレットから(※2)リアルタイムに登山者の位置情報を確認が可能です。また、3G圏外では 3,000点まで登山中のGPS位置情報をログし、3G復帰後レポートを再開します。

(※1 FOMAプラスエリア対応。対応エリアはNTTドコモのページをご確認下さい。)
(※2 3Gの通信環境により通信遅れが生じる場合があります。)


【使用例】

1.) 登山者の現在位置を確認

登山者が3G圏内にいる場合、自宅にいる家族などは、登山者のどのようなルートを通り、現在の位置をリアルタイムに知ることができます。
圏外の場合、TR-313Jは 3,000点まで登山中のGPS位置情報をログし、3G復帰後レポートを再開しますので、途中の移動経路も検索が可能です。また、3G圏内にいる時にはSMS(ショートメッセージサービス)で、リアルタイムに位置情報を知ることができます。

 

2.) 登山口など指定した範囲に出入りした時、自動で指定した相手にメールが届くシステム

Webアプリから地図上で範囲を指定し、その範囲を人が出入りすると、都度、スマートフォンにメールを送信することができます。

例えば、立山アルペンルートの登山口などの入山ポイントから登山道に沿って範囲を作成します。
TR-313Jを持った登山者が登山口に入ると、 自宅の家族は入山ポイントに入ったことを知らせるメールを受け取ることができます。また、指定範囲から登山者が外れた場合もメールを受け取ることができます。
入山ポイントが3G圏外であれば、3G圏内に再度入ったときにメールを送信します。

 3.)緊急ボタン

 


TR-313J のSOSボタンを押すことにより、あらかじめ指定したスマートフォンに位置情報 のリンクがついたSMS(ショートメッセージサービス)を送信することができます。
3G圏内であれば、緊急時の合図としてボタン一つで登録した相手に位置情報リンク付のメールを送信することが可能です。